Mitsuhikoのブログ

Mitsuhikoのブログです。

ソルト・アンド・サンクチュアリをクリア

ソルト・アンド・サンクチュアリをクリア。とても面白い時間を過ごせた。

 

キャラビルドは脳筋タイプ。スキルポイントを主に筋力と体力に振り、あとは技量に少し、魔力や信仰には1ポイントも振ってない。

 

クリア時のレベルは80位。脳筋キャラだからか火力不足は感じなかったな。

 

武器は序盤に手に入るクレイモア一本を強化&変性してラスボスまで使用。ずっと大剣のまま。ちなみに強化は鍛冶屋で、変性は錬金術師で行うよ。

 

ラスボスはそんなに難しくはなかった。それまでが辛すぎて鍛えられたのかもしれない。

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

 

 

 

秀逸なレベルデザイン

ソルト・アンド・サンクチュアリを楽しくプレイ中。

 

やってて気づいたこと。

 

だいぶゲームが進行しているはずが難易度の感覚的なところがあまり変わらない。成長要素があるので自キャラは強くなっているはずなのに、油断すると一瞬でやられてしまう手応えは変わらず。進行に伴う的の強さの上昇と自キャラの成長速度がマッチしてるのかな。

 

難易度の上昇は、単純に敵が硬くなるんじゃなくて、動きのパターンとか出現のタイミングとか同時に現れる敵キャラの組み合わせとかも変わる方式で飽きさせない。

 

いいゲームだ。

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

 

 

 

ソルト・アンド・サンクチュアリを買った

友人がやれというのでソルト・アンド・サンクチュアリを買った。

 

面白い!

 

ダークソウル風悪魔城ドラキュラXといえば分かりやすいか。ドラキュラX風に横スクロールのジャンプアクションで探索して、ダークソウル風に戦闘して成長。

 

難点であり魅力でもあるのはダークソウル風の難易度。死んで覚えるゲーム。敵が本気で殺しに来る。その方法がワンパターンでなく手を変え品を変えて来るのが楽しいしムカつくし悔しい。でも決して難し過ぎることなく、分かっても簡単過ぎることがないのがいい。秀逸なバランス。

 

楽しくてレベル50ぐらいまで一気にプレイしたがまだ先が見えない。楽しい楽しい。

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

 

 

 

PS4のシェアプレイをいじり倒す

フレンドとスカイプで駄弁りながらPS4のシェアプレイを色々と試してみた。

 

・シェアボタンを押してシェアプレイを選ぶ。一時的なパーティーが作成されるのでフレンドを招待する。パーティーができたらシェアプレイにも招待する。

・ネット越しの相手にプレイさせるのは簡単にできる。コントローラを相手に渡すコマンドでOK。

・2人同時プレイはソフト側が対応していれば簡単。僕の持っているソフトではALIENATIONができた。ラグはほとんどない。凄え。

 

自分のプレイしているゲームがどんなゲームか教えるのに便利。ただしシェアしている相手にしか見せられないようなので、ブロードキャストみたいに多数に見せるには向いていない。

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)

 

 

 

ディヴィニティ:オリジナル・シンは難しい

ディヴィニティ:オリジナル・シンをざっとプレイした感想。

 

難しい!

 

これは普通のRPGだと思ってはならない。シミュレーションだ。タクティクスオウガみたいな。それもその高難易度ステージが連続するイメージ。しっかり準備して、一手一手慎重に進めないと死ねる。それでも初見は無理。相手の出方を学びつつ何度もリトライする必要がある。

 

難易度を除けば凄く面白いゲーム。キャラクターが成長すれば面白くなるかな?

 

 

 

 

久々に本を注文した

しっかり勉強しようと思って久々に電子書籍ではない本を注文した。

 

楽しみだ。

 

 

コンパスと定規の数学:手で考える幾何学の世界 (アルケミスト双書)

コンパスと定規の数学:手で考える幾何学の世界 (アルケミスト双書)

 

 

 

コンパスと定規で正六角形を書く。その2

昨日コンパスと定規で正六角形を書いた。それを見て妻がもっと簡単に書けるじゃんと言って本当に簡単に書いた。

 

僕は正六角形の対角線のなす角が60度であることを利用してまず60度の線を引くところから始めたのだが、妻は円に内接する正六角形の頂点が円周を6等分する発想で書いたのだった。

 

図形って面白いな。

 

 

正六角形の付箋(ふせん) アイデアを見える化

正六角形の付箋(ふせん) アイデアを見える化